紫外線は日焼けしにくい人ほど気をつけよう!日焼けしやすい人との違いは?

 

実は日焼けしにくい人(黒くなりにくい人)ほど、紫外線対策をしっかりする必要があります。

本記事では、日焼けしやすい人(黒くなりやすい人)と日焼けしにくい人とでは、どういった違いがあるのか説明させていただきます。

また、日焼けしにくい人・日焼けしやすい人の具体的な紫外線対策方法についてもご紹介させていただきます。

 

まずは日焼けの定義から

まずは日焼けの定義から

 
日焼けをしやすい・しにくい人の違いについてお話をする前に、日焼けの定義についてまとめたいと思います。

2種類の日焼け「サンバーン」「サンタン」

日焼けには次の2種類があります。

日焼けの種類 原因 症状
サンバーン 紫外線B波
UV-B
皮膚が炎症を起こす。ヒリヒリした痛みを伴う。
サンタン 紫外線A波
UV-A
皮膚が褐色に近い状態になる。痛みはほとんどない。

メラニンの生成と働き

表皮が紫外線を浴びるとメラノサイト(メラニン細胞)にシグナル物質が送られます。

そのシグナル物質を受け取ったメラノサイトがメラニン色素を生成し、メラノソームという小胞に蓄積させます。

メラニン色素が詰まったメラノソームは、メラノサイトの先端からケラチノサイトに受け渡され、この時にメラニンが現れます。

メラニンはケラチノサイト内に留まり、紫外線から細胞核を守るという働きをします。

日焼けしやすい人の肌の特徴

日焼けしやすい人の肌の特徴

 
一般的に「日焼けをしやすい人」というと、肌の色が黒くなりやすい人のことを指すことが多いようです。

こちらは先程の日焼けの定義にある「サンタン」という日焼けで、通常の体の防御反応で問題はありません。

気をつけないといけない・危険なのは「サンバーン」の方です。

美白という言葉がある通り、多くの日本人は白い肌に憧れを持っています。

しかし、色が白いということは、メラニンの量が少なく紫外線に対抗する力が弱いということです。

メラニンには紫外線を吸収する働きがあり、肌のターンオーバーで体外に排出されます。

メラニンの量が少ない方は、日光に当たるとサンバーン(炎症を伴う日焼け)を起こしやすくなっています。

真皮の奥に到達するようなサンバーンを繰り返すと、シミやたるみなどの光老化の原因となります。

色が白い方は日頃から紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

シミが肌の表面にでてくるのは一般的に数ヶ月から数十年後と言われています。

そのため、サンバーンが数日で治まるからと油断するのは危険です。

一般的に、日焼けをしやすいというのは「サンタンを起こしやすい人」のことを指しますが、肌の色が濃くなるということはメラニンが正しく生成され、働いている証拠です。

そのため、シミやたるみなどの光老化は起こしにくくなっています。

日焼けしにくい人の肌の特徴

日焼けしにくい人の肌の特徴

 
日焼けをしにくいというのは、日焼けをしても肌が黒くなりにくいことを指すのが一般的だと思います。

日焼けをしにくい人は、日焼けをしても肌が黒くならない代わりに肌は炎症で赤くなります。

その後、日焼け(サンバーン)による炎症は数日で治まるため、肌へのダメージが少ないように思われることもあります。

しかし、肌が黒くなりにくく炎症を起こしやすいというのは、紫外線をしっかりと防げていないということです。

紫外線を防げていないということは、シミやたるみなどの光老化が起きやすいということです。

また、皮膚がんの発生リスクについて白人と日本人を比較した場合、白人の皮膚がん発生率は日本人の約100倍にものぼるそうです。

日焼けしやすい人は日焼けしても大丈夫?

日焼けしやすい人は日焼けしても大丈夫?

 
日焼けをしやすい人(紫外線に対して強い人)も日焼けには気をつける必要があります。

日焼けをすることによって、次の影響を受けます。

  • コラーゲン線維の断裂
  • エラスチンの塊状変化

コラーゲンの断裂は、乾燥・肌荒れ・シワなどの光老化の原因となります。

エラスチンはコラーゲン線維を支える役割を持つタンパク質の一種です。

そのエラスチンが変化を起こすことで、肌の弾力がなくなり、シワやたるみの原因となります。

また、見た目では日焼けをしているかどうか分からないレベルでも、紫外線によるダメージは受けているため注意が必要です。

紫外線対策のインナーケアとアウターケア

紫外線対策のインナーケアとアウターケア

 
どれだけ紫外線対策をしても、紫外線を100%防ぐことは不可能です。

100%は不可能ですが、100%に近づけることはできます。

こちらではその方法をご紹介します。

アウターケア

紫外線対策で最も効果があるのは「日焼け止め」の使用ですが、日焼け止めにも「効果が弱く肌に優しい」ものから「効果が高いが肌に負担がかかる」ものまで様々です。

また、日焼け止めが汗で流れたり、短時間の外出時に塗るのを忘れると言ったこともあると思います。

紫外線対策のアウターケアには、シーンに合わせた日焼け止めの使用を心がけるようにしましょう。

日焼け止めは2~3時間毎に塗り直すことで、効果を持続させることができます。

インナーケア

紫外線のアウターケアと併せて、インナーケアも行うようにしましょう。

紫外線からの影響を減らすために「抗酸化作用」の強い成分を摂ることは有効です。

例えば、次のものは抗酸化作用の強い成分です。

  • ビタミンA、C、E
  • βカロテン
  • L-システイン
  • リコピン
  • ルテイン

食生活だけでこれらの成分を摂ることは難しいと思うので、サプリメントを利用するのも効果的です。

注意点ですが、サプリメントの摂り方は説明書きに従うようにしましょう。

例えば、ビタミンCは体内に長時間留めておくことができないため、一日の必要量を一気に摂取しても十分に吸収されず、体外に排出されてしまいます。

こういったポイントを注意しながら「抗酸化作用」の強い成分を摂るようにしましょう。

また、最近では「ヘリオケア」というサプリメントがTVで紹介され、飲む日焼け止めとして注目を集めています。

ヘリオケアは美容クリニックや皮膚科などで処方してもらうことができます。

こういったインナーケアとアウターケアをしっかりと行い、光老化を起こさないように紫外線対策をしましょうね。